香水お役立ち情報

スポンサーリンク
香水お役立ち情報

香水の携帯方法

香水を携帯する為には、別途、小瓶を用意するか、アトマイザーを利用するという方法があります。アトマイザーとは香水などを入れるスプレー付きの容器(香水噴射機)のことで小型で携帯に持ちやすいサイズとなっています。 また、香水のボトル自体が小...
香水お役立ち情報

病院へは香水をつけても大丈夫?

香水を付ける上で、基本的なこととして、香水の付けすぎは禁物です。唯でさえ日本人は、匂いにとても敏感な人種です。また、日本は欧米やヨーロッパなどに比べ、香水途上国です。どんな香水の匂いも嫌がる人も存在するくらいですから、周囲が嫌がるほどの香水...
香水お役立ち情報

FIFI賞とは?

映画に、アカデミー賞という賞があるように、香水にも、そのアカデミー賞に匹敵する賞が存在します。それが「FIFI Awards=フィフィ賞」と呼ばれるものです。FIFI賞とは、アメリカフレグランス財団がその年に発売された香水の中でもっとも優れ...
香水お役立ち情報

「におい」の記憶について

道を歩いていて、ふとこんな経験をしたことはありませんか?すれ違いの人の「におい」に懐かしいことを思い出したり、以前の記憶が蘇ったりなど。このように、香りには、以前の記憶を思いださせる力があります。 悲しかった時や嬉しかった時、悔しかっ...
香水お役立ち情報

香水の保存方法

食品に、消費期限や賞味期限があるように、香水にも利用するのに最適な利用期限が目安としてあります。まずは、香水を最適に利用する為にも、香水の保存方法について知っていると何かと便利です。 利用期限を知っていても、香水に最適な保存方法を知ら...
香水お役立ち情報

香水のボトルサイズ

香水のボトルサイズは、通常30ml、50ml、100mlと、自身の利用用途、頻度により、選ぶことができます。実はこのボトルサイズ、海外と日本では全く売れ筋が違うのです。 日本では、30〜50mlなどの小さいサイズのボトルが好まれ、香水...
香水お役立ち情報

パルフィンはきつい香りという誤解

香水と言えば、通常パルフィンのことを指しますが、日本で販売されている商品の主流はオードパルファンや、オーデトワレがほとんどです。国内ではパルフィンという種類の商品自体少ないのです。 逆に、海外では、オードパルフィンや、オーデトワレとい...
香水お役立ち情報

香料っていったい何?

香水の元である香料の基本香料は、2種類に大別することができます。まず挙げられるのが植物性香料で、これは、その名の通り、植物の花や葉、果実、種子、樹脂などから抽出した香料です。 そして2つ目に、動物性香料があります。動物性香料とは動物の...
香水お役立ち情報

香水は付ける場所に配慮する

男女共に気を付けて欲しいことが、香水の付けすぎです。特に女性は、男性よりも香水を利用することが多いため、利用量や利用場所、付け方は、よく考えて利用するようにした方が良いでしょう。 欧米に比べ、日本人は、香りに敏感で、どちらかというとソ...
香水お役立ち情報

香水の選びで悩んでいる方に

もしも、あなたが香水選びで悩んでいるのなら、どうしますか?友人にお勧めの香水を購入しますか?雑誌で人気の香水を購入しますか?香水の香りは、人それぞれ好みがあり、また、付ける人によって、香り自体も変化します。同じ香水であっても、人によって違う...
香水お役立ち情報

香水を付けるタイミング

これから他人に会う、出かけるといった時の、香水の賢い利用方法は、トップノートを飛ばし、丁度ミドルノートが香りだす時間帯と出かける時間とを合わせることです。ミドルノートが香り出すのは、付けてから15分前程度の時間が必要になります。 つまり、...
香水お役立ち情報

香水を薄めると種類が変わる?

題名にある「香水を薄めると種類が変わる?」とありますが、この考えは正しくありません。 まず、香水の値段ですが、これはアルコールに溶かした香料の濃度によって値段も異なります。またそれに伴い、香りの種類も変わります。つまり、濃度の割合が高...