スキャナメーカーの特徴、違い

スポンサーリンク

皆さんは、どんなスキャナメーカーがご希望でしょうか?
調べてみると、意外と多くのスキャナメーカーが存在し、実に様々な機能、特徴をもったメーカーが存在することがわかるはずです。

ここでは、CMでよく見るメジャーなスキャナメーカーはもちろん、マイナーなスキャナメーカーまで、それぞれのメーカーの特徴も併せてご紹介していきます。

自宅でプロ仕様!本格的なスキャナ豊富、「キャノン」の特徴

カメラやビデオでもおなじみのキャノンは、スキャナやプリンタなどの事務機器も販売しています。
キャノンでは特に高精細を追求しており、光学技術や電子デバイス技術などの最先端技術をスキャナに盛り込むことで、高いクオリティでスキャンすることができます。

また、家庭でも本格的なスキャンができるのが、キャノン製品です。

コンパクトで2万円からの低価格ながらも、画像編集もラクラクにこなせるハンディスキャナもあれば、価格は高めになりますが10万円以上も出せば効率的でスムーズに電子化に変換したり、かつ高速スキャンで、さくさくプリントできる複合機スキャナも購入視野に入れることができます。

機能性に優れていて、本格的なスキャナを探しているなら、キャノン製品はおすすめです。

きれいなのに価格は1万円以下!「エプソン」の特徴

エプソンの特徴は、何といっても画質の良さとコストパフォーマンスです。
スキャナはCIS搭載(密着センサー方式)なので薄型でコンパクトながらも、4,800dpiといった高い光学解像度で、モノクロ写真でも文字でもはっきりと美しく読み取りができます。

また、ラインナップが豊富に用意されており、軽量化に成功したスキャナは、わずか325グラム程度と、引出しに入る程度の大きさのスキャナもあり、携帯性は抜群です。

その上、コストパフォーマンスが高いスキャナが低価格で手に入ることもあり、プライベートはもちろんのこと、様々な業種のオフィスでも導入されています。

スキャナを初めて購入する方にはお薦めのスキャナメーカーです。

スタイリッシュなデザインが豊富!「PFU」の特徴

イメージスキャナの生産が世界でもトップシェアを誇っているメーカーをご存知でしょうか?それが「PFU」です。

PFUは、定番のシートフィードタイプのスキャナから、コンパクトなハンディータイプまで揃え、価格帯も2万円から5万円と、リーズナブルな価格帯が多く選びやすい値段設定が特徴です。

また、デザインにも優れている他、どのタイプもコンパクトでありながら、余計な装飾は失くし、洗練されたスタイリッシュなデザインで、インテリアとして置いても申し分ないスキャナデザインとなっています。

さらに、原稿読み取り時に発生する音を、出来るだけ最小限に抑える設計になっており、夜中でも周りに気にすることなく使用することができます。

例えば、夜中、自宅で家計簿をつける際に、PFUのスキャナならご近所に迷惑を掛けることなくレシートや領収書をスキャンして、データ化し、手軽に家計簿をつけることも可能です。

米国BLIテストで最高位を受賞!「コダック」の特徴

コダックのスキャナは、第三者機関であるBLIが、性能や最も信頼性のある製品と認めるスキャナとして数多くの製品をリリースしています。

中でも仕事とプライベート用、どちらでも利用できるスペック、機能を持つスキャナなども用意しており、操作が簡単で高速スキャンが出来る点が特徴のメーカーです。

機能も本格的な上、情報処理能力も優れており、コダックの据え置きタイプのスキャナはどれもコンパクトで、スマートなデザインが多くみられます。もし、コンパクトで優れた機能が搭載されたスキャナ製品をお探しなら、コダック製スキャナもぜひ一考してみてください。

コンパクトサイズからスタンダードサイズまで!「富士通」の特徴

富士通のスキャナは、世界最小クラスの小型スキャナから、一般的な据え置き型まで、種類が豊富にあります。

また、日本メーカーらしく、小型ながらも安定した速度で、確実に読み取ることができる上、メニューも分かりやすくいなど、使いやすいのが特徴に挙げられます。

さらに、高性能の薄型バッテリーを搭載しており、どこでも使用できるタイプや、スタンドタイプは、厚みのある原稿でも画質のムラを最小限に抑えて、均一に読み取れる高機能スキャナもあります。

ビジネス兼用でも、自宅で使用するだけでも、どちらでも使いこなせる多様な機能を搭載するスキャナが豊富なメーカーです。

スキャナメーカー比較まとめ

本格的な画質やクオリティを求めている方はキャノンを、なるべくコストを抑えつつそれなりの画質が欲しいという方はエプソンがオススメです。

PFUなら、世界NO1というだけあって、自宅とオフィスのどちらでも活躍できるでしょう。
また、コダックと富士通のスキャナは自宅とオフィスの両方の場面でも使い勝手が良いものが多いのが特徴で、それぞれ機能や価格を比較しながら選ぶと良いでしょう。

今回ご紹介したスキャナメーカーは、メーカーごとに様々な特徴を持っているので、紹介した特徴や違いを参考にしつつ選んでみてはいかがでしょうか。