生命保険お役立ち情報

スポンサーリンク
生命保険お役立ち情報

相互会社

一般的にはあまり馴染みのない相互会社という言葉ですが、保険会社の形態としては基礎的なものです。 相互会社は、保険業を行う会社にのみ見られる会社形態で、保険業法に基づいて設立されます。相互会社という名前にはなっていますが、保険業法では社...
生命保険お役立ち情報

保険代理店に任せきりは×

今でこそ、電話やインターネット経由での保険契約申し込みが盛んになっていますが、以前は営業職員(生命保険募集人、保険外交員)による訪問販売や、代理店に出向いて契約する方法が主流でした。現在でも、自分で保険の勉強をする時間や自信のない方には、保...
生命保険お役立ち情報

保険金を受け取ったら

保険金を受け取るまでには、請求手続きや保険会社の調査などに、少々の手間や時間がかかります。そして、それらが無事に終わるとやっと保険金が振り込まれるわけですが、そこですべてが終わるわけではありません。保険金の振り込みとともに渡される、「支払明...
生命保険お役立ち情報

ボーナス目当ては本末転倒?

健康ボーナス付きの保険は、お得な保険とは言い切れません。「保険金の支払いがなかった場合、○年ごとに10万円のボーナスがもらえます」と言うような宣伝文句を耳にすると、「それはお得だ!」と思ってしまいそうですが、結局はもらえるボーナスの分が保険...
生命保険お役立ち情報

広告費の疑問

テレビを見ていると、「保険のCMを見ない日はない」と言うくらいに保険のCMが頻繁に流れています。特に、家計の要である専業主婦がテレビを観る昼時や、家族がそろってテレビを観ることの多い夕方の時間帯には、保険会社のCMが特に多く放送されています...
生命保険お役立ち情報

保険金減額で保険を見直す

保険の内容や保険料の見直しをするための一つの選択肢が、保険金額を減額するという方法です。無駄に高い保険金を設定してしまうと、保険料が割高となって家計を圧迫します。そのような場合は、本当に必要な部分以外の保険金を減額することで、保険料の見直し...
生命保険お役立ち情報

保険は紀元前に誕生していた

今回は、少し息を抜いて、保険がいつごろに誕生したものなのか、その歴史をご紹介しようと思います。 日本に保険事業が誕生したのは、江戸時代末期の1859年、外国の保険会社が損害保険業を始めたのが最初だったと言われています。この後、日本人に...
生命保険お役立ち情報

募集人は一社専属制

保険会社の委託を受け、保険商品の営業・販売を行っているセールスマンやセールスレディのことを、生命保険募集人と呼びます。この募集人は、基本的に一つの保険会社の専属となっています。これを“一社専属制”と呼びます。これは、生命保険会社が取り決めた...
生命保険お役立ち情報

保険のイメージを変えよう

「日本は本当に保険大国?」(バックナンバー2に収録)でもお話ししたとおり、国民の数が世界人口の2%ほどでしかない日本は、世界で支払われている生命保険料の約30%を支払っています。諸外国に比べて特に死亡率が高いわけでもない日本の国民が、国民の...
生命保険お役立ち情報

責任開始期の判定に注意

責任開始期とは、保険契約を結んだ後に、保険会社に保険金の支払責任が発生する時点のことを言います。つまり、保険契約を結んだとしても、責任開始期が始まっていなければ、入院や死亡など、保険金支払い事由が起きても、保険金は支払われないことになります...
生命保険お役立ち情報

保険料に差が出る理由

当たり前ですが、保険料は保険商品ごとに異なっています。保険の種類や契約内容、保障の厚さなどによって、保険料は上下します。では、この保険料の差は、どのようにして計算されているのでしょうか。 「そんなの、受け取れる保険金が違うからだろう」...
生命保険お役立ち情報

ユニバーサル保険とアカウント型保険

現在、保険商品の中で特に注目を浴びている保険が、「ユニバーサル保険」と「アカウント型保険」の二つです。それぞれ、自由度の高い保険商品として登場し、「アカウント型保険」は主力商品として多くの生命保険会社から販売されています。 この二つの...
生命保険お役立ち情報

がん保険の給付金で重要なのは?

日本人の死亡原因第一位である“がん”。数十年にわたって様々ながん研究がなされ、先進医療も導入されていますが、がんは日本人にとって最も身近で最も恐ろしい病気の一つであり続けています。 このがんに対応するためのがん保険も常にニーズが高く、...
生命保険お役立ち情報

学資保険は見直しの時期

郵便局の簡易保険、いわゆる“かんぽ”の学資保険は、「子供の教育費積み立てのスタンダード」として長く親しまれています。郵便局が国営事業であったため、破綻の心配もありませんでしたし、着実に教育費を積み立てられる保険というイメージができあがってい...
生命保険お役立ち情報

保険は擬制契約

通常、重要な契約を交わす時には、契約内容を記した書面を双方で目を通して、順に読み上げながら確認する“読み合わせ”という作業を行います。この作業によって、お互いに契約内容の把握にズレがないかを確かめ、後でトラブルが起こらないよう、万全を期すこ...
生命保険お役立ち情報

傷害保険の保険料は職業で変わる

生命保険や医療保険の保険料は、年齢や病歴などによって保険料が変わります。これに対して傷害保険では、被保険者の職業によって保険料が変わります。 その理由は、傷害保険がケガに対する保険なので、職場環境によって保険会社が負う保険金支払いリス...
生命保険お役立ち情報

再発対応型の三大疾病保障特約

三大疾病、つまり「がん、急性心筋梗塞、脳卒中」の三つの病気に対する治療や、これらの病気で死亡した場合の保障をする保険が、三大疾病保障保険・特約です。このような保険・特約では、保険金の支払いが一度限りであることが一般的です。転移や再発の危険性...
生命保険お役立ち情報

自営業だと労災保険に入れない?

生命保険の保険金をいくらに設定するかは重要な問題です。万が一の時、生命保険以外の公的保障制度などでどれくらいの生活費をまかなえるかを考え、それでも足りない金額をカバーできる保険金額を設定したいところです。公的保障で補える分、保険金額を低く設...
生命保険お役立ち情報

日帰り入院対応の保険について

従来の保険では、数日間の短期入院や、その日の内に帰宅できた日帰り入院(日帰り手術などで1日だけ入院した場合など)には保険金が支払われないことが一般的でした。しかし、最近では日帰り入院を含めた短期入院にも対応した医療保険が次々に現れています。...
生命保険お役立ち情報

保険の更新と終了について

終身保険以外の保険契約には、保険期間が満了を迎える時、いわゆる満期というものが存在します。しかし、満期がきた時にその保険契約が続くのか終わるのかは、その保険の内容によって二つのタイプに分かれていて、満期となっても必ず保険が終了するとは限らな...