レーシックお役立ち情報

レーシックの技術的な情報や合併症に関する情報、噂話やその裏側など、レーシックをこれから受ける方、受けるかどうか考えている方の役に立つ話を取りそろえています。

スポンサーリンク
レーシックお役立ち情報

転居先のレイアウト

転居先のチェックで見落としがちなのが、転居先の電気コンセント、テレビ配線口、電話線差し込み口の位置チェックです。 これらのチェックは、事前に見取り図などに記入しておくと、驚くほどスムーズに家具、家財の配置が決まることがありますのでお勧...
レーシックお役立ち情報

フラップ作成による合併症

レーシックの最大の特徴は、角膜上層部を一部残して円形に切り、フラップと呼ばれるフタを作り、その内部を削った後に元の位置に戻すという点です。レーシック以前の主流であったPRKなどのフラップを作らない手術では、レーザーで削った施術部分が露出する...
レーシックお役立ち情報

韓国レーシック事情と日本

現在では日本でも比較的安価に、いろいろな医院でレーシックを受けることができるようになりましたが、一昔前ではエキシマレーザーを導入している医院が少なく、費用も非常に高額な手術でした。そのため、海外でレーシックを受ける方が多く、レーシックを受け...
レーシックお役立ち情報

レーシックに関する訴訟

レーシックの安全性を伝える記事で、「訴訟大国のアメリカでさえ、年間100万件ものレーシックが行われているのに、訴訟が起こったという話は聞かない」と書かれているのを見ることがあります。確かに、そのような訴訟についてニュースで報道された例は知り...
レーシックお役立ち情報

内皮細胞とレーシック

レーシックの存在が一般的に認知されるようになってきましたが、詳しい内容やメリット、リスクなどをきちんと把握していない方もまだまだいるようで、「レーシックで失明した人がいるらしい」「眼科医はレーシックを受けないらしい」などといった、根拠のない...
レーシックお役立ち情報

訓練で視力は回復しないのか

メガネやコンタクトレンズをつけることの不便さや煩わしさを解消したいという願いは、今も昔も変わりません。そして、手術を嫌う人々を中心に行われてきたのが、訓練・トレーニングによって視力を回復しようという方法です。視力回復トレーニングなどと呼ばれ...
レーシックお役立ち情報

左右で度が違う眼の矯正

レーシックは、左右の眼の視力が違う“不同視”がある場合の矯正に向いています。手術時に、左右の眼の角膜を、それぞれの眼に併せて調整することができるので、両方の眼で同じくらいの度数になるように手術を行えます。これによって、片方の眼だけ近視が進行...
レーシックお役立ち情報

遠視・乱視の矯正について

日本人には近視の人が非常に多いので、レーシックも近視矯正手術として取り扱われることが多いのですが、遠視や乱視を矯正することも可能です。 近視を矯正する場合は、角膜の屈折を和らげるように、盛り上がった中央部を平坦化させる削り方で角膜を削...
レーシックお役立ち情報

レーシックで老眼は治らない

レーシックを行っている眼科医の話に、一般的に老眼と呼ばれる「老視」のある患者とのエピソードを聞くことがよくあります。話の流れは、だいたいこんな感じです。 老視の出ているとある患者がレーシックを受けにやってきて、眼科医に説明を聞きます。...
レーシックお役立ち情報

術後も近視になる理由

レーシックを受けた後でも、その後の生活の仕方によっては、また近視になってしまうこともあり得ます。その理由を知るために、なぜ近視になるのかを見ていきましょう。 人間の眼は、生まれたばかりの時は遠視のような状態で、視力は0.01ほどだと言...
レーシックお役立ち情報

ボーマン膜とは何なのか

ボーマン膜とは、角膜の表面にある角膜上皮細胞の層の下にある細胞の層で、厚さ10マイクロメートルほどの、コラーゲンでできた細胞層です。イギリス人外科医のウィリアム・ボーマン(William Bowman)が発見したことから、ボーマン膜と名付け...
レーシックお役立ち情報

手術費用と設備の関係

屈折矯正手術に用いられるエキシマレーザー、イントラレーザーなどのレーザー設備は、高価なだけでなく非常にデリケートな医療機器です。レーザーは数枚のレンズを通して角膜に照射されますが、このレンズに結露やわずかなゆがみなどがあると、予定通りにレー...
レーシックお役立ち情報

検査前のコンタクトは厳禁

レーシックを行う際には、検査の数週間前からコンタクトレンズの使用が禁止されます。具体的には、ソフトレンズで3日~1週間前、ハードレンズで1~3週間前くらいから外して生活をしておく必要があります。病院の方針によって、どれくらいの期間コンタクト...
レーシックお役立ち情報

層間照射と表面照射

レーシックでは、角膜にフラップと呼ばれるフタを作り、その内側にある角膜実質層にレーザーを照射して削ります。この時、フラップとして残される角膜上皮層やボーマン膜層と、その下にある角膜実質層という細胞の層の間にレーザーを照射することから、レーシ...
レーシックお役立ち情報

角膜上皮細胞の侵入

レーシックでは、角膜表面にある上皮細胞層と、その下にあるボーマン膜を残し、そのさらに下にある角膜実質層という部分を切ってフラップを作ります。この点は、PRKやエピレーシック、レーゼックなどの表面照射手術と大きく異なる点です。 しかし、...
レーシックお役立ち情報

角膜ベッドとは

レーシックでは角膜をレーザーで削りますが、削った面から下(内側)の部分の角膜を「角膜ベッド」と呼びます。「角膜ベット」と表記されることもあるようですが、元になった英語が「(residual)stromal bed」という言葉なので、「角膜ベ...
レーシックお役立ち情報

解説本=広告本という側面

最新の近視治療法として、レーシックやオルソケラトロジーなどに注目が集まる中、これらについて解説した本も多数出版されています。有名オンライン書店で検索してみると、レーシックの本で約30冊、レーシックに比べるとまだ名の知れていないオルソケラトロ...
レーシックお役立ち情報

美容外科系の眼科について

レーシックを行っている眼科の中には、美容外科系のクリニック――つまり、美容外科グループが経営している眼科がいくつかあります。当サイトのトップページの一覧表でも、美容外科系のクリニックかどうかを「病院概略」の欄に記載しています。 このよ...
レーシックお役立ち情報

保険は使えない?

レーシックなどの屈折矯正手術は、国民健康保険を適応できません。そのため、病院が自由に費用を決めることができる“自由診療”という扱いになっており、十数万から数十万円、場合によっては百万円を超える費用がかかることもあります。そうなると、どうして...
レーシックお役立ち情報

術後のメガネ・レンズ選び

「術後のメガネ・レンズ選び」というタイトルを見て、「手術を受けたのに、なぜメガネやコンタクトレンズが必要なの?」と疑問を抱く方もいらっしゃるかもしれません。しかし、レーシックでも矯正できる度の強さには限りがありますので、極度に強い近視の方の...