レーシックについて

スポンサーリンク

LASIK(レーシック)は、「エキシマレーザー」という熱の発生しないレーザーで角膜を削り、近視・遠視・乱視を矯正する手術です。 「レーシックの扉」では、様々な情報が飛び交うレーシックについて、様々な視点から詳しく解説しております。

レーシックを受ければ、「メガネやコンタクトでは視力を矯正しきれない方」も、「どうしても裸眼で生活したいという方」も、非常に高い確率で視力1.0以上への矯正が可能です。しかし、手術である以上リスクはあります。当サイトの情報で、レーシックのリスクやメガネ・コンタクトのメリットも理解した上でレーシックをお考えください。

レーシックの基本では、視力回復手術の主流となっているレーシックについて、メリットやデメリット、手術を決める前に知っておきたいことなどをまとめました。

レーシック体験談では、実際にレーシックを受けた方の、カウンセリングや手術、術後の実生活についての体験談を、良い面・悪い面併せてご紹介します。

レーシックお役立ち情報では、レーシックの技術的な情報や合併症に関する情報、噂話やその裏側など、レーシックをこれから受ける方、受けるかどうか考えている方の役に立つ話を取りそろえています。

屈折矯正法の種類では、レーシック以外にも矯正手術は存在します。様々な種類のレーシックと他の手術法、そして手術以外の矯正法についてご説明します。