住宅ローン用語

住宅ローンで気になる用語、意味を取り上げご紹介しています。住宅ローン関連のパンフレットを読んでいても、よくあるのが意味の分からない用語です。理解しないままいたのでは、よくありません。契約書を理解する為にも用語や意味は抑えておくと良いでしょう。

スポンサーリンク
住宅ローン用語

所得補償保険

所得補償保険とは、名称から大体の内容を予測できると思いますが、もし、長期入院や怪我によって、一時的に仕事がなくなってしまい、収入が減少した場合などに、その一時的な期間の収入を補償してくれる保険です。もし上記のような事故で就業することが不可能...
住宅ローン用語

親子リレー返済

親子リレー返済とは、その名の通り、リレー競争のように、住宅ローンの返済を息子である、子供まで渡し、親子2世代で返済する方法です。つまり、親が借りたローンの残りを、連帯債務者である子供が引き継いでいく返済方法です。メリットとして、親子リレー返...
住宅ローン用語

リバースモーゲージ

リバースモーゲージとは、日本語に訳すと、「逆」「抵当融資」となります。リバースモーゲージは、主に欧米で利用されているもので、自分が所有している不動産を担保にして、金融機関から毎月の生活資金の融資を受け、もし利用者が死亡したりすると、担保を持...
住宅ローン用語

団体信用生命保険

団体信用生命保険とは、一般的に団信と呼ばれているもので、もし、団信に加入している利用者が、返済期間中に、死亡したり、高度の障害などでローンの返済ができなくなった場合に、残責を保険会社が支払ってくれるというものです。金融機関によっては、団信の...
住宅ローン用語

共済組合貸付

共済組合貸付とは、公務員の方が利用できる貸付で、組合員向けに住宅資金の貸付を行っています。メリットとして、融資手数料や保証料が必要ないことや、職場で手続きが可能である点、さらに上限金利が4.26%に設定されている点などが挙げられます。 ...
住宅ローン用語

住宅金融支援機構

住宅金融支援機構とは、平成19年4月1日、住宅金融公庫から新しく生まれ変わった、民間金融機関による、長期の固定金利型住宅ローンの提供を支援する支援機構です。住宅金融支援機構が支援している固定金利型住宅ローンの中で代表的なものは何と言っても、...
住宅ローン用語

財形住宅融資

財形住宅融資とは、特定の民間企業や公務員を対象とした公的ローンの一つです。この財形住宅融資ですが、金利が5年固定になったのは、1999年でそれまでは1年ごとに金利が変わる変動金利型タイプでした。現在、財形住宅融資の窓口は複数存在していますが...