住宅ローンお役立ち情報

住宅ローンの審査の裏側や、住宅ローン選びに関するコツなど、ローン商品選択に役立つ情報を提供しています。

スポンサーリンク
住宅ローンお役立ち情報

住宅ローン低金利の弊害

住宅ローン金利が低金利であるということは、住宅を購入しようと考えている人にとってはまさに好機と言えます。今まで住宅を購入するのを控えていた人達も、金利が低ければ、この時期を逃すまいとして購入を考えるでしょう。実際にローン金利が低金利である威...
住宅ローンお役立ち情報

賢い印紙税の節約とは?

住宅ローンを借りる際には、金融機関との契約が必要になりますが、その契約には、課税の為に、契約書に印紙を貼り、割り印を押さなければなりません。そしてその際に必要となるのが印紙税です。つまり、土地や建物、ローンを組むときの契約時には、契約書に印...
住宅ローンお役立ち情報

住宅ローンの多重申込みは危険

住宅ローンは、長期に渡る返済の上に、借り入れる額も相当なものになります。その為、その分、ローン審査が厳しくなることは予想されますが、だからと言って安全の為に、一度に、それも短期間に複数のローン申込みをするのはよくありません。住宅ローンの審査...
住宅ローンお役立ち情報

入居説明会は必見

入居物件の説明会は通常、中古物件の購入ではありませんが、新築物件を購入する場合は、不動産会社によっては、事前に入居説明会が開かれるようです。この入居説明会では、主に建物完成前の1~2ヶ月前に行われるようで、こうした入居説明会には、忙しくとも...
住宅ローンお役立ち情報

金利上昇傾向期には自己破産が増える?

金利上昇傾向期は、住宅ローンを組んでいる方にとって、誰もが耳の痛い話です。金利上昇傾向前に、固定金利型やフラット35などを選んで金利上昇対策はバッチリという人達は、まさに勝ち組と言えるかもしれませんが、金利を重視して、短期固定金利選択型や変...
住宅ローンお役立ち情報

借り換えは担保割れでも大丈夫?

変動金利型タイプや、短期の固定金利選択型タイプを選択した方にとって、金利上昇傾向であるのは、まさに耳の痛い話です。金利上昇傾向である場合、数年後には、今までよりも大幅に金利がアップすることが予想されますので、返済が今よりも厳しくなるのは確実...
住宅ローンお役立ち情報

火災保険会社の選び方

住宅を購入する場合、一般的にローン契約と同時に、物件に火災保険をかけなければなりません。もし、加入していないと、購入したばかりの物件が火災にあった時に、まだ多額のローン返済が残っているにも関わらず、ローン返済だけが残ってしまうという悲惨な状...
住宅ローンお役立ち情報

提携ローンはお勧め

新築物件の利点として挙げられる一つに、提携ローンがあります。提携ローンとは、不動産業者と、金融機関が提携して販売している商品で、提携している不動産業者の物件を購入すると、優遇された提携ローンを利用することができます。さらに、提携ローンは、審...
住宅ローンお役立ち情報

信用情報機関に間違いが!

住宅ローンの審査において「事故情報」があるのはもってのほかです。もし事故情報があると、消費者金融からの借り入れはもちろんのこと、クレジットカードも作れませんし、住宅ローン審査で間違いなく落とされます。 住宅ローンは、借り入れ審査の中で...
住宅ローンお役立ち情報

変動金利型で得をする!

一般的に変動金利型タイプは、リスクが高い商品と言われており、利用する前には、基本的な知識を学ぶ必要があります。中にはそうした基本的な知識も知らずに、契約してしまう人がいますが、まさに怖い物知らずとはそういった人達なのかもしれません。 ...
住宅ローンお役立ち情報

やらなきゃ損?住宅ローン交渉!

通常、同じ銀行であれば、どこの支店でも金利は一律だと思うのものですが、実は支店によっては、若干、条件が異なる場合があるようです。その条件の違いというのは、金利設定優遇や、付加されるサービスの違いで、いわゆる対象者限定の優遇サービスです。 ...
住宅ローンお役立ち情報

もしもの時の返済期間の延長

住宅ローンを毎月返済していれば、予期しないことは多々あるものです。例えば、ローンの返済期間についてもそうです。借入れ当初は少し無理をして、返済期間を10年程度に設定していたものの、転職や養育費など、思わぬ出費がかさみ、これ以上返済ができなく...
住宅ローンお役立ち情報

もしもの時は賃貸には嘘?

物件は購入したが、突然の転勤命令や事情があって引越ししなければならなくなるなど、将来には何が待ち受けているかわかりません。特にサラリーマンであるなら、可能性が高いのが転勤です。 せっかく、一生住み続けようと思って購入した物件なのに、突...
住宅ローンお役立ち情報

住宅購入の狙いは即入居物件?

フラット35や民間の住宅ローン商品の適用金利は、融資実行日に決まるというのが常識です。その為、いかにリスクが低いと言われるフラット35と言えども、数年後に完成する物件を購入する場合、金利が決定するまでの数年間は、金利変動のリスクを背負うこと...
住宅ローンお役立ち情報

住宅ローン審査の裏側4

住宅ローンの審査では、様々な項目が審査されるわけですが、その調べられる項目の一つに、申込者の債務状況があります。例えば、クレジットカードのキャッシングや、消費者金融などの借入れ状況などがそうです。もし、住宅ローンを申し込む場合は、できれば、...
住宅ローンお役立ち情報

シングル女性のマンション購入は吉?

最近よく聞くのが、独身女性のマンション購入です。若い人が購入するというよりも、資金余力がある特に、30代から40代の独身女性が購入するようです。しかし、超低金利傾向だから、家賃を払うのが勿体ない、マンションは家賃とは違い投資であるなど、安易...
住宅ローンお役立ち情報

個人信用情報機関の事故情報が危ない!

住宅ローンを組む前には、まず審査という大きな壁を乗り越えなければなりません。その中でもポイントとなるのが、個人信用情報機関に登録されている個人情報です。ここでご紹介する個人信用情報機関とは、クレジットカードや消費者金融などの金銭取引履歴を残...
住宅ローンお役立ち情報

住宅ローン繰上返済の順番

一般的に繰上返済は、住宅ローンの負担を減らす常套手段と言えますが、ではもし、借入れ先が一つではなく、複数あった場合、どのように繰上返済をしていけば良いのでしょうか? 一般的には、借入れ商品の中で、金利が高い商品や、借入れ額が大きい商品...
住宅ローンお役立ち情報

住宅ローン、頭金の重要性

頭金の重要性は今更言うまでもありませんが、一般的に住宅を購入する場合は頭金の2割以上は必要と言われています。しかし、物件を購入する方の中には市場が超低金利であることを理由に物件を購入してしまったり、資金が頭金の2割にも達していないにも関わら...
住宅ローンお役立ち情報

住宅ローン審査の裏側3

住宅ローンの審査は誰もが気になることの一つです。そこでここでは、住宅ローンで審査される項目のいくつかをご紹介したいと思います。 まず良く聞かれるのが、勤続年数です。その際、勤続年数が低く、頻繁に転職などをして会社を変えているようでは、...