自動車保険お役立ち情報

自動車保険加入において、知っておきたい情報や、見落としがちなこと、知っておいて損はない自動車保険情報をご紹介しています。

スポンサーリンク
自動車保険お役立ち情報

車がなくても自動車保険に入れる?

自動車保険は、基本的に所有している車を保険加入車として契約します。そして、その車の車種や事故率なども、保険料の金額を左右する要素となっています。しかし、自分の車は持っていないけれど、レンタカーなどの借用者を運転する機会が多いという方もいます...
自動車保険お役立ち情報

バイクの盗難は補償されない?

自動車にもバイクにも、車両保険は用意されていますが、その内容には違いがあります。中でも一番大きな違いは、一般的なバイクの車両保険では、盗難は補償されない点です。 カギがなければ持ち運ぶことが困難な自動車に比べ、バイクはカギがかかった状...
自動車保険お役立ち情報

保険を中断すると等級はどうなる?

保険料の金額を安くする上で最も重要な要素は、「ノンフリート等級」です。これは、簡単に言うと無事故年数の長さに応じた割引等級です。この等級が高くなるほど、事故を起こす心配の少ない優良ドライバーということになり、保険料も割引となります。 ...
自動車保険お役立ち情報

逸失利益の算出法

将来発生するはずだったのに失われてしまった利益のことを、「逸失利益」と言います。交通事故で被害者が死亡してしまった場合、死亡していなければ得られていたはずの逸失利益についても、加害者が賠償することになります。 この逸失利益を計算する方...
自動車保険お役立ち情報

駐車違反と車検・自動車保険

都市部・郊外の別を問わず、日本各地の道路で駐車違反が問題となっています。駐車違反を繰り返し、警察官に注意されても居直って罰則金を払わないような、極めて悪質な常習犯もいるようです。また、有名人が駐車違反の罰則金を支払っていないことが明るみに出...
自動車保険お役立ち情報

人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険

「人身傷害補償保険」と「搭乗者傷害保険」は、ともに契約した車が事故にあった際に、その車に乗っていた人のケガや死亡に対して保険金が支払われるものです。では、この二つにはどのような差があるのでしょうか。また、どちらを選択するのが良いのでしょうか...
自動車保険お役立ち情報

ノーカウント事故では等級が下がらない

交通事故に遭い、保険金の請求を行うと、無事故年数の度合いを表す“ノンフリート等級”が下がることは、自動車保険の上では常識的なことです。ノンフリート等級が下がると、保険料の割引率も下がってしまうため、保険料が値上がりします。そのため、事故に遭...
自動車保険お役立ち情報

過失割合と賠償金が逆転する場合

主に自動車同士の事故の場合、双方の事故に対する過失を判定し、その割合によって損害賠償金の負担額を決定します。どちらのドライバーにどれくらいの不注意があったと考えられるかを、30%対70%という具合に割合で表し、負担金額にもその割合を当てはめ...
自動車保険お役立ち情報

自賠責未加入・任意加入での事故

日本では、自動車やバイクに乗る人すべてに、自賠責保険の加入が義務づけられています。また、自賠責保険の契約期間はおよそ1年~3年単位で、車検の度に更新が行われるのが慣例となっています。 しかし、原動機付自転車、いわゆる原付バイクには車検...
自動車保険お役立ち情報

政府保障事業の問題点

政府保障事業とは、ひき逃げや無保険車による事故被害者を救済するための給付金制度です。加害者が不明であったり、加害者が自賠責保険に入っていないために保険金が受け取れない場合でも、被害者は事故で受けた損害に対して保障を受けることができます。 ...
自動車保険お役立ち情報

引越したら自動車保険も変更手続き

車の所有者が変わらなくても、引越をした場合には色々と手続きをしなければなりません。まず行わなくてはならないのが、運輸局か自動車検査登録事務所への変更登録手続きです。 この変更登録の際に必要になるのは、以下のような書類です。 □申...
自動車保険お役立ち情報

自賠責保険の負担額増額について

2007年1月に行われた自動車損害賠償責任保険審議会(金融庁が開催する審議会)で、2007年4月に実質的な自賠責保険料の値上げが行われることが決定されました。「実質的な」という言葉を入れている理由は、基本となる保険料は据え置いたまま、負担額...
自動車保険お役立ち情報

被害者の直接請求

自動車保険の保険金は、被保険者に請求権があります。つまり、被保険者が保険会社に請求をすることで、保険金が支払われます。 自動車保険における被保険者は、基本的に賠償金を支払う立場の人になります。これは、交通事故の加害者が被害者に対して支...
自動車保険お役立ち情報

意外に多い、任意保険非加入の業務用車

一般的に、ドライバーの常識として「対人事故を起こした場合、自賠責保険だけで賠償しきれないこともあるので、任意保険に入るべき」という認識があると思います。ですから、仕事で車を常用するような運輸関連の会社の車は、すべての車が任意保険に入っている...
自動車保険お役立ち情報

ナンバープレート変更と保険手続

保険の自由化によって、激しい商品開発・価格競争が自動車保険業界で起こったのは周知の事実ですが、ナンバープレートにも自由化の波(?)が押し寄せてきています。希望の番号のナンバープレートを取得できる「希望番号制度」や、運輸支局の所在地ではない、...
自動車保険お役立ち情報

後遺障害等級認定の裏側

自動車事故で負った後遺障害は、その重さや生活に対する影響、今後の仕事や収入に与える影響などから、1~14の等級に分けられます。そして、この等級によって、後遺障害に対する慰謝料が変化します。 例えば、両目が失明した、両手を失ったなどの後...
自動車保険お役立ち情報

被害者の心理をついた示談交渉術

交通事故が起こり、過失割合や賠償額について示談交渉になった場合、できれば裁判までもつれ込むことのないよう、示談の段階で話をまとめたいものです。なぜなら、裁判になれば弁護士費用などがかかりますし、大変な時間や手間、労力が必要となります。どんな...
自動車保険お役立ち情報

自動車保険に領収書は利かない

こんな話があります。自損事故や物損事故にも対応している自動車保険に加入しているAさんが、電柱にバンパーをぶつけてしまいました。それほどひどい損傷ではなかったのですが、傷が気になるAさんは、自動車工場へ行ってバンパーの修理をしてもらいました。...
自動車保険お役立ち情報

自賠責保険料はまとめ払いがお得

自賠責保険の保険料は、契約月数を決めて支払うことができます。最短では12ヶ月(1年)、最長では自動車で37ヶ月、バイクでは60ヶ月契約(5年)といった長期の契約も可能です。 このような長期契約をすることのメリットは、何と言っても保険料...
自動車保険お役立ち情報

保険証をなくしてしまったら

保険証明書、いわゆる“保険証”を紛失してしまったり、内容がわからなくなるほど損傷したり、汚したりしてしまった場合、できることならすぐにでも再発行を受けたいものです。 自賠責保険の保険証は運転中に常に携帯することが義務づけられていますし...