自動車保険の用語

自動車保険の説明に出てくる言葉は、どれも分かりにくい専門用語ばかり。そんな難しい用語の意味を、分かりやすい例示などを使ってご説明します。

スポンサーリンク
自動車保険の用語

特別危険保険料率適用予告通知

「特別危険保険料率適用予告通知」とは、自動車保険の契約者に対して、通常とは大幅に異なる保険料を適用することを通知するものです。主に、保険契約者に重大な過失や落ち度、度重なる違法行為などが認められた時に、保険料の引き上げを事前に通知するために...
自動車保険の用語

他車運転危険担保特約

他車運転危険担保特約とは、他車、つまり自分の車(保険加入車)以外の車に乗っていて事故を起こした際に、自分の車の保険を使って賠償金を支払うことができる特約です。 例えば、Aさんの車をBさんが借りて運転している時に、Bさんが人身事故を起こ...
自動車保険の用語

メインドライバー特約

メインドライバー特約とは、契約車を主に運転する人=メインドライバーを1人指定して、他の人が運転していた時に起こした事故の補償額に制限をつけることで、保険料が安くなる特約です。 この特約をつけた場合の制限とは、主に保険金に対する免責金額...
自動車保険の用語

身の回り品担保特約

身の回り品担保特約は、車両保険で補償される車の本体や部品など以外の、車の中に置いていた身の回りの品の損害について補償が受けられる特約です。座席の上など、車内に置いてあった品物の他、トランクに収納していた物や、キャリアに固定されていた物につい...
自動車保険の用語

再調達価額

再調達価額とは、事故で損害を受けた物などについて、同じ物や同等の物を新しく購入するためにかかる費用のことです。自動車保険においては、車両を買い替えるためにかかる費用や、事故によって損害を被った物を買い替えるためにかかる費用のことになります。...
自動車保険の用語

早期是正措置

早期是正措置とは、破綻の恐れがあると判断した金融機関に対して、監督当局が業務改善のために行う命令のこと、あるいは、そのような命令を出す制度のことを言います。保険会社に関わる早期是正措置の規定については、1999年1月に保険業法に定められ、ソ...
自動車保険の用語

超過保険

超過保険とは、保険をかけた物の価値に比べて、保険金額が高い保険のことを言います。例えば、100万円の車に1000万円の保険金額の保険をかけた場合、これは保険金額が保険対象の車の価値よりも極端に高いので、超過保険だと言えます。 超過保険...
自動車保険の用語

代車費用担保特約

代車費用担保特約は、車両保険に付帯できる特約で、事故の影響で車が利用できなくなった場合に、レンタカー等で代替するためにかかる費用を補償する特約です。車両保険が適用された場合に利用できます。 代車費用担保特約の給付金には、受け取り方法に...
自動車保険の用語

アジャスター

自動車保険業界におけるアジャスターとは、自動車事故が起きた際に、自動車の損壊の具合を判断して被害額を査定する鑑定人のことを言います。 アジャスター業務は、特に資格を持っていない者が行っても法律上問題はありませんが、ほとんどの場合は日本...
自動車保険の用語

対物超過修理費用特約

対物超過修理費用特約とは、対物保険金でまかない切れない修理費用などをカバーするための特約です。対物全損時修理差額費用担保特約とも呼ばれます。主に、車両価格を上回るような修理費用が必要になった場合などに効果を発揮する特約です。 例えば、...
自動車保険の用語

等級プロテクト特約

等級プロテクト特約とは、保険期間中一度の事故については、無事故等級(ノンフリート等級)を引き下げずに据え置くことができる特約です。1年更新ごとに最初の1度の事故についてのみ適用されるでの、実質的に1年に1回の事故にまで適用できることになりま...
自動車保険の用語

車両保険

車両保険は、自分の車が被った損害について修理費を補償できる保険です。自動車保険は基本的には被害者の賠償を目的とした物なので、自賠責保険や、車両保険のついていない自動車保険では、自分の車の修理費をまかなうことはできません。 車両保険が適...
自動車保険の用語

人身傷害補償保険

人身障害補償保険とは、契約車に搭乗していた人の損害を補償することができる保険です。 1998年の保険自由化以前の自動車保険では、自賠責保険のように被害者に対する賠償が目的であり、契約者の過失分は相殺されて自己負担になるのが当たり前でし...
自動車保険の用語

搭乗者傷害保険

自賠責保険は被害者に対する賠償を目的とした保険なので、加入者自身の負傷や死亡に対して保険金が支払われることはありません。これに対して、加入者であるドライバーや同乗者を含めた「搭乗者」の損害に対して保険金が支払われる保険が「搭乗者傷害保険」で...
自動車保険の用語

基礎利益

基礎利益とは、保険会社の経常利益の内、証券売買の損益などの、保険事業以外での損益を除いたもののことを言います。この基礎利益は、毎年の決算の時期に、各保険会社から公表されています。 基礎利益として計算されるものは、以下の三つの損益です。...
自動車保険の用語

コンバインドレシオ

保険会社も倒産する可能性がある現在では、自分が加入しようと思っている保険会社や、加入している保険会社の経営状況などを把握することはとても大切です。保険会社の経営状況を知る上では、いろいろな数値が指標とされますが、その中の一つが「コンバインド...
自動車保険の用語

実質純資産額

実質純資産額とは、保険会社の経済状況を推し量るための指標の一つです。ソルベンシーマージン比率が、将来的な資産も含めた支払い余力を表す指標であるのに対して、実質純資産額は、すべての契約者に保険金を支払った場合に、算出時点の時価でどれくらいの金...
自動車保険の用語

自賠責保険未経過相当額

自賠責保険未経過相当額、または自賠責保険料未経過相当額とは、中古車を買った際に、既に加入してある自賠責保険の未経過相当分として、中古車販売店に対して支払うものです。個人売買の場合は、前の所有者に対して支払います。 中古車を購入した時、...
自動車保険の用語

評価損・格落ち損

中古車市場では、事故歴のある車の評価が格段に下がります。場合によっては、取引を拒まれることもあるでしょう。このように、交通事故によって車の評価額が下落してしまったことによる損害を、評価損、あるいは格落ち損と呼びます。 交通事故で車に損...
自動車保険の用語

人身事故証明書入手不能理由書

少々長い名前ですが、「人身事故証明書入手不能理由書」とは、その名の通り“人身事故の証明書”を“入手できなかった理由”を書いた書類のことです。自賠責保険の請求には、自動車安全運転センターが発行する「交通事故証明書」が必要になりますが、自賠責保...