カーナビの査定評価について

スポンサーリンク

知らない道を走行するのに大変便利なカーナビ、今や乗用車には必須の付帯商品になってきた感がありますが、実際の所、カーナビは買取査定時にどのように評価されているのでしょうか?

今回は、そんな「カーナビ」の査定評価について詳しく解説していきたいと思います。

カーナビのバージョンについて

一般的にカーナビは、2年~3年以内の比較的新しいバージョンのカーナビであればプラス査定になります。しかし、一般の方が思っている以上に、大きく査定価格が上がりません。
しかも、カーナビのバージョンが古い場合も、査定評価は得られませんのでご注意下さい。

ただ、古いバージョンのカーナビだとしても、取り外さずに買取査定依頼に出すことをお薦めいたします。最近の中古車は、カーナビが搭載されていることが一般的になっていることでカーナビが搭載されていることが当然だと考えるお店もあり、カーナビが搭載されていないと、マイナス査定されてしまうことがあるのです。

もし不安であれば、査定業者に事前にカーナビが査定に影響するかどうか聞いておいた方が良いかもしれません。

カーナビのタイプについて

カーナビの査定ポイントに車に搭載されているカーナビのタイプがあります。このタイプの違いで評価のされ方が全く違うのです。

現在、家電量販店などで販売されているカーナビはHDDタイプが一般的ですが、実はHDDタイプではないDVDタイプのカーナビは、買取査定時にあまり良い評価を得られない傾向があります。
DVDタイプのカーナビは、カーナビとしてではなく、オーディオとしての扱いを受けることになるのです。

つまり、HDDタイプのカーナビを搭載して初めて、カーナビとして買取査定をしてもらえることになります。

こんな言い方をすると、それならDVDタイプのカーナビは、取り外しても大丈夫と思われるかもしれませんが、DVDタイプのカーナビであっても取り外すのではなく、そのままにしておくことをお勧めします。

なぜなら、DVDタイプと言えども、カーナビが搭載されている中古車と搭載されていない中古車では、査定額に差が出てくるからです。

カーナビの形式について

カーナビというのは、形式で大きく2つ分けることができます。

1つは、外付けのカーナビで、もう1つはインダシュッ形式のカーナビです。メーカーオプションのETCはインダシュッ形式のカーナビで、評価が高いのですが、前述したカーナビのバージョンも含めて査定額が決められますので、単純にインダッシュ形式というだけで高いわけではありません。

また、一般的な中古品はそうだと思いますが、ETCやカーナビなども、説明書や付属品等があるものは、中古車買取査定依頼の際に高価買取されたいのであれば、事前にしっかり揃えておきましょう。

それと、ETCやカーナビは、普段あまり掃除する機会がないと思いますので、中古車買取査定依頼を出す前にしっかりと掃除しておきます。ケーブルや画面など、軽くふいておくだけでも、見栄えが全く異なるからです。

ちなみに、カーナビを搭載する際、ダッシュボードなどの取り付け場所に、両面テープを利用する方がいますが、そうした場合は綺麗にとっておいて下さい。こうした、両面テープの粘着シール等による車内の汚れは、中古車買取査定の際にマイナス評価を受けることがありますので注意しましょう。

また、カーナビを搭載する際に、取り付け金具を利用し、ダッシュボードなどに穴をあける方もいますが、こうした穴も中古車買取査定の際にマイナス評価を受けてしまいますので、こちらも事前に中古車を買取査定依頼に出す前に、中古車の修理業者などに修理を依頼するなどして、元に戻しておくことをお薦めいたします。

簡単ですが、事前にこうした手間をかけておくことで、高価買取査定される確率も高くなるというわけです。