NET OFF(ネットオフ)体験談

スポンサーリンク

買取店としては大手?と言える、NET OFF(ネットオフ)は、私が初めて利用したネットの買取サイトです。

さすが大手だけあってネット広告をよく目にすることも多く、それを見たのがきっかけで最近読んでいない古本、遊んでいないゲームソフトを片付けようと思い立ちました。

今までは、地元の古書店やブックオフ等を利用していましたが、以前ブックオフで痛い目を見た経験があり、今回はブックオフなど、身近に存在する買取店以外の買取先を検討しました。

NET OFF(ネットオフ)のホームページを見た限りでは、買取実績や、お客様満足度が高く、とても好印象だったのを覚えています。後で考えてみると、ホームページで謳っていた「買取実績」や「お客様満足度」は査定される側にとっては得する情報ではないことは気づきますが、それは後の話です。

例えば、「お客様満足度」については、査定後のキャンセル率のことを指しているのだと思われますが、査定される側としては、買取金額に満足したのではなく、返送に手間が掛かる、もしくは返送料金が掛かるからキャンセルしないのであって、決して満足しているわけではないと思います。

それをお客様満足度と記載しているのは注意しなければなりません。むしろ逆に3.9%もキャンセルした人がいるという点を気にするべきでした。もちろん、初めての利用ということもあり、当初そんなことは思いもしませんでした。

まずは会員登録

NET OFF(ネットオフ)の利用方法は、一般的で、まずは会員登録後に買取申込という流れになります。また、初回利用なら身分証明書が必須ですが、これは初回のみで次回からは必要ありません。

会員登録は下図のように一般的な入力フォームで、自分の個人情報を入力していけばOKです。

会員登録後は、会員登録完了のメールが届きますので、早速、買取申込を行います。

NET OFF(ネットオフ)の目玉は何と言っても毎時実施している「クーポン」サービスです。買取額10%アップや、20%アップ、時期や場合によっては30%アップなどもあります。

言うまでもなく、買取金額アップを謳っても、NET OFF(ネットオフ)側で元の買取金額を低く調整すれば20%アップ、30%アップされたとしても、金額をアップした分相殺されるだけです。他の買取店でもそうですが、10%アップや20%アップはあまり参考にされない方が良いでしょう。

ただ、今は昔とは異なり、詳細な買取明細を発行するらしいので、昔よりは健全になったと言えます。

今の査定ならどの商品がどの査定金額であったのかが分かりますが、私が買取を申し込んだ時は、高額の査定商品しか個別の金額が記載されておらず、高額査定商品以外の査定金額は全く分かりませんでした。

このことからも、昔のNET OFF(ネットオフ)の査定内容はほぼ完全にブラックボックスだったと言えます。

買取査定の依頼

話は戻ります。早速、買取査定を申し込みました。ちなみに、私が申し込んだ際のクーポンは「【1,000円UP+10%UP+買取クーポン】初めてのお客様限定キャンペーン ※10%UP対象商品:DVD、Blu-ray、CD、ゲーム[NOI-810]」です。

つまり、最悪でも1,000円は貰えるクーポンというわけです。私はこのクーポンに騙され?ました。

買取申込は至って簡単です。その他、買取店と変わりません。買取申込後は、ダンボールを送るだけです。ただ、初回申込ということで、身分証明書のコピーが必要になります。身分証明書のコピーをダンボールに入れて発送します。

この時はまだ「きっと高く売れる」と思っていましたから、ダンボール箱2箱も送ってしまいました。

この経験から、もし、はじめて利用する買取店は様子見も兼ねてあまり多く査定依頼しない方が良いです。
もし査定後に、キャンセルして返送する場合は、基本的に送料は自分持ちになるので、簡単にキャンセルするというわけにもいきません。

その為、初めて利用する買取店は、まず買取店が求める査定最小限の品数を送ってから査定価格の様子を見た方が良さそうです。査定結果を見てから、想定通り、もしくは想定よりも高かったら、品数をアップして送るようにしましょう。

数日後、商品が到着したという連絡がメールで届きました。

メールには査定結果は約7日から9日と記載がありました。その時はちょっと遅いかなとは感じましたが、やはり大手だけあって取扱品が多い為に時間も掛かるのだろうと思っており、それほど気にしませんでした。

「商品が到着した」というメールから数日後、新しいメールが届きます。
メールには7日から9日とありましたが、実際は4日程度で、査定結果が届きました。それが画像の通りです。
書籍、ゲームソフトを送りましたが、結果は63冊・点で2,684円です。

正直な所、この査定結果には「え?本当に?」と思いました。

ダンボール2箱送ってこの金額です。状態も比較的良いものばかりでしたので、この査定金額は見間違いかと思いました。

しかも、これはクーポンの1,000円分込の査定額です。つまり送った品、63冊・点は、1,684円の査定しかならなかったというわけです。

もちろん、今回1回だけの結果というなら、全く参考にならないと思いますがちょっと検索して調べてみると、同様に想定よりもかなり低い査定額だったという声が多かったということを追記しておきます。

ちなみに、以下が詳細な査定結果です。高価格査定として「NHKの英語関連本」が1冊記載されましたが、それでも120円程度です。ゲームソフトに至ってはPS3ソフトで6点ほど記載がありますが、ほぼ新品同様の状態でも、驚愕の905円でした。(もちろん、買取時のPS3ソフトは古いソフトではありません。PS3全盛の時代です。)

最終的には、売る決断をするわけですが、前述したように、キャンセルすると返送料金で赤字になりますのでいたしかたありません。

その他の買取サイトに依頼しても、必ずしもNET OFF(ネットオフ)よりも高く売れる自信も無かったため、この金額で諦めました。何より、返送手続きや、再発送もしなければならず、手間がかかります。

きっと同じ思いをした人は多いのではないでしょうか?

個人的な意見になりますが、こうした大手買取店は作業、買取価格等がマニュアル化されており、買取額が低くなる傾向を感じました。ブックオフも買取大手でしたが、NET OFF(ネットオフ)についても同じニオイがします。

言うまでもありませんがNET OFF(ネットオフ)は2度と利用しません。

注意事項として、NET OFF(ネットオフ)会員登録後はメール設定によっては、買取のクーポンメールがかなり来ますので、メール設定を変更するか、退会するかをお薦めします。

[adrotate banner=”19″]